家庭

結婚4年目 妊活進捗と素直な気持ち 私は本当に子供がほしいのか

こんにちは!今日も楽しい毎日を送るぱちこ(@yabeyabehattyon)です。

さて結婚してから4年目も半ばとなる私たち夫婦ですが、子供ができる気配はありません。
そこで今回は妊活の進捗と私と夫の心境の変化について赤裸々に語って参ります。

私たち夫婦の妊活の歴史はこちら

 

30代結婚2年目 子なし夫婦 ~子作りの悩みを減らすためにできる唯一のこと~30代 晩婚夫婦 結婚2年目です 目下悩みといえば子どもがなかなかできないことです その悩みは、残念ながら(子供ができる...

 

【コラム】妊活のタイムリミットと幸せの定義私たち夫婦が結婚してから3年が過ぎました。 楽しく妊活していた私たち夫婦ですが、いよいよ現実を突きつけられる日が近いようです。 今年で...

 

我が家の一番大切なコトを考える

まず大前提として、私も夫も子供を欲しいと思っています。
これは今までの話し合いの中でお互いの認識は共通です。

「子供が居なくても楽しいけど居たらもっと楽しい。望めるうちは子供を望もう」

この方針を聞いて苦しい治療を続けている妊活先輩方は不快に感じるかもしれません。
なんて甘いのかと。

夫:41歳
妻:35歳

そんなのんきなことで子供が授かるものかとお叱りを受けてしまいそうです。

主人は大変協力的で、体調管理とタイミングを自己流ですが頑張っています。
残念ながら成果はいまだ出ておりませんが、精神的につらいと感じていないのは主人のおかげだと感じています。

世間様からはのんきに感じるでしょうが、出張で留守がちな主人とフルタイム勤務の私にできるマイペースな妊活で無理なく進めているのがここ2~3年の生活です。

リセット時の悲しみが薄れてきた妻

どんなに二人で力を合わせても、体調を整えてもそれでも生理が来てしまうと悲しい気持ちになるのはやっぱり女性。主人も悲しむ私をねぎらいがっかりしすぎないように気を遣ってくれます。本当にできた夫です。

でもいつからだろう。
生理が来るのが当然のように感じてきました。

特にここ最近のことですが、生理が来てほっとしている自分に気づきました。
これには自分でも驚き、そして失望してしまいました。

妊活4年目 妻の心境と環境の変化まとめ

私に起きた環境の変化をまとめてみます。

  • 転勤となり通勤時間が短くなった(1時間→10分)
  • 通勤時間の短縮により体調が整ってきた
  • 主人の出張が激化、月の半分以上帰ってこない
  • 産休明けの年上友人が即妊娠
  • 緊急事態宣言による社会変容

人生が安定してきている現在

ここ半年でいろいろあったなとしみじみ感じますね(苦笑い)

まとめてみてわかったことは私の生活環境は変化したものの、以前より好転しているという点です。
特に通勤時間の短縮は生活を大きくゆとりあるものに変えてくれました。
主人との時間もとれるし、長時間運転による体力の消耗も減り疲労感が減ったのはうれしいことです。

そして友人の妊娠も喜ばしいことです。
特に彼女はもうすぐ40代にさしかかる初産で高齢出産だった人物です。
その彼女が立て続けに妊娠だなんて羨ましいし、希望が持ててうれしい限りです。…少し胸がチクリとしたのは本音ですが(^^;)

もちろんコロナウィルスなどによる緊急事態宣言はここ福岡でも発出され、世界中の皆様同様緊張感のある生活を送っていることはありますが、それでも確実に私たち夫婦の生活は安定してきていると言えるでしょう。

共働き世帯に子供ができると起きる不安定

私も主人も高給取りではありません。
特に私は年収300程度。
主人は歩合制の営業職で月によって浮き沈みあるものの、私よりは多い程度です。

しかし家賃8万弱の賃貸に住まい自炊しながら生活して入れば貯金もできるゆとりがあります。
主人の給料が多い時には少し外食したりすることも楽しみの一つです。

年に一度は国内旅行に行けるくらいのゆとりある生活は裕福と言って差し支えないでしょう。(もちろんもっと上はいるでしょうが)

ところがここで子供ができたらどうなるでしょうか。

  • 妻の収入が無くなる(▲300万)
  • 体調が変化し楽しみの旅行や外食ができなくなる
  • 実家が無い為完全ワンオペによる育児が確定
  • ストレスによる夫婦仲の悪化

あえて悪い事だけを羅列しましたが、本当にこうなるでしょう。
そう、私は今の生活に満足している。
満足しすぎていて変化を嫌っているのです。

道行く子供をみるとかわいいし、うちの子ならもっとかわいいだろうな…とうらやましく思う反面泣きじゃくる子供をあやす夫婦を見ると「私はこれをひとりでやる自信がない」と落ち込んでしまうのです。

家にいるときにいくら協力的でも主人は出張ばかりの仕事ですから無理なものは無理ですし、激務の合間を縫うような休日に無理をさせては体調を崩します。
それは私の本意ではないのでおそらく遠慮してうまく頼れないことでしょう。

そこまで考えたときに一抹の不安が産まれるのです。

私、子供ができたとき、ちゃんと喜べるだろうか

不妊専門外来への通院を検討

主人は自分の年齢もあり、夫婦ともに病院で検査することを検討しています。
知人の紹介で県内の名医を尋ねる予定ですが、それこそ時間が取れずまだ実行には移していません。

そこでどのような結果が出るのかわかりませんが、こういった私の不安や心境の変化も何かのきっかけでまた変わるでしょう。

女性ってホルモンに支配されてるらしいですしね。

私たちは体外受精などは今のところ視野に入れていません。
しかしそれも病院での検査結果次第なんじゃないかな、と考えています。

福岡には夫婦が一緒に検査できる病院がありますが、どこも予約一杯です。
紹介してもらったところは車で1時間半ほどかかる遠方。
もっと気軽に検査できたらいいのになと感じます。

そして私たちは大切な普通の毎日を送ります。
旅行の計画なんぞ立ててみたりして楽しく毎日を過ごしています。
ここに家族が増えたらどんなに素敵か。
良いことも絶対あるでしょう。
不安は二人で解決するものでしょう。

今回の落ち込みが膨らまないうちに主人と話し合っていきたいと思っています。

 

とりあえず豆乳とミロを飲んで体を整えなくては!

※余談ですが私は豆乳飲み始めてから生理痛が楽になりました…もちろん個人差あるでしょうが、女性ホルモンを整える効果があると聞いたことがあるので今後も続けたいと思っています。

 

※最近Twitterで話題になったミロ、早速買ってみたので豆乳と混ぜて飲んでみます

とかく今回は私の現在の心境を吐露する記事でした。

今後もまた心境に変化がありましたらこちらに備忘録がてら記述してまいります。

 

 

ABOUT ME
アバター
やべ ぱちこ
夫婦二人で共働き、子供はまだいません! 以前は家電量販店で販売員をしていました。 スキルを生かして現在も営業職でがんばってます。 家電製品アドバイザー総合なので家電のことならお任せください♪ その他趣味の野球や旅行などの情報もご紹介いたします。 皆さんのお役に立つ記事や、ほっこり和める楽しいブログを目指します。