おすすめ記事はこちら
スポーツ

少子化が止まらない・・・地方私立高校受難の時代に再建した創成館高校の話

2018年春のセンバツももうすぐですね!

 

大阪桐蔭、智弁和歌山・・・注目高も以前こちらの記事でご紹介ましたが

その中ひときわ異彩を放つ学校がありました

 

みなさん私立創成館高校をご存知ですか?

 

こちらが学校の公式ホームページです↓

http://www.sohseikan.ac.jp/

 

ずいぶんとスポーツに力を入れている学校のように見えます

 

 

これだけみて

「よくあるお金のある学校だな」

 

そう思ってしまいませんか?

 

私も初めはそう思いました・・・ところが違ったんです

 

これもわが「弟」プレゼンツの記事でございますw

 

名物校長が来るまでは・・・

創成館を知る人なら必ず

 

「あぁ、あの校長先生がいるよね」

 

そういう反応をするでしょう

 

こちらは2013年の校長先生です

 

熱血校長は名物です、が

この校長がすごいんです

 

なぜならこの校長先生が来るまでの創成館高校は

 

  • いつつぶれてもおかしくない
  • 銀行も見放す経営状態
  • 荒れ放題で地元の評判は最低

 

こんな地方高校、けっこうありますよね

 

でもそこから立ち直ったのは何を隠そう、この校長先生の手腕と情熱があったからなんです

 

校長として、社長として経営再建

学校法人の長というのは世襲のことが多いようです

創成館も現校長の祖父の代にできたものを

先代校長が急にこの世を去ったことで

 

現校長に引き継がれたそうです

 

海外の大学で学んでいて、教員免許もない状態の理事・校長職就任

 

戸惑う中で校長は荒れ果てた学校で起きていることをつぶさに「観察」しました

 

 

そして取り組んだこと

 

 

「生徒=お客様」

 

生徒が楽しくあるための教育をする

 

 

それを徹底していったのです

今度は現場の先生たちが面食らう番です

 

現場に口をだすわ、生徒と共同でコンペを企画するわ・・・

 

 

しかし一般の企業なら当然のテコ入れでしょう

 

顧客が満足する環境でないなら変えるしかない

顧客のニーズを探る

顧客を誘引するためのイベントを開催する

顧客となりうる層への宣伝をする(文化祭にアーティストを呼ぶ)

顧客が増えることで収益増

 

 

こうやって校長は借金5億を返済していったのです・・・

 

熱血校長は注目の的

この校長が単に「民間企業出身の社長」気質な改革だけならば

生徒はぐれたままだったでしょう

 

ブログを見てください

https://sohseikan.exblog.jp/

 

生徒の生き生きとした表情

先生の生き生きとした表情

そして、校長としてありのままの表情

 

熱意

 

 

それを感じるブログ  じゃないですか?

いろいろ手腕もあるのでしょうが

 

結局熱意、これに尽きるんでしょう

 

大会で暴れてもらいましょう

今回は創成館高校の簡単なご紹介をいたしました

 

過去にどんなことがあっても今の生徒たちは今の時間を

目の前の甲子園を

精一杯楽しんでくれると思います

 

私たちもしっかり見届けていきたいですね!

 

ご覧いただきありがとうございました

ABOUT ME
やべ ぱちこ
夫婦二人で共働き、子供はまだいません! 以前は家電量販店で販売員をしていました。 スキルを生かして現在も営業職でがんばってます。 一応家電アドバイザー総合です! もしどなたかのお役にたてるならうれしいです(*^_^*) 趣味の野球についても書いていきたいと思います♪ がんばって記事書いていきますので応援よろしくお願いいたします!!