おすすめ記事はこちら
スポーツ

【ありがとう】松坂世代 引退決意した選手たちの思いと意思と【杉内・村田・後藤】

2018年という年は

高校野球にとって特別な年でした

 

 

そして20年前

 

1998年の夏の甲子園は今でも語り草になるほどの伝説が生まれた年です

 

その年に高校3年生だった世代

私たちは敬意をこめてこう呼びます

「松坂世代」

 

松坂世代の引退相次ぐ2018年シーズン

横浜DeNAベイスターズ 後藤武敏選手

【2018/09/22】松坂、小池も胴上げ “ゴメス”後藤武敏 現役引退セレモニー(ニコニコ動画)

どうぞ、泣いてください

1998年 横浜高校は投手:松坂大輔を擁して春夏連覇を達成しました

その時の中心メンバーのひとりだった 後藤武敏選手が

2018年シーズンを最後にプロ野球生活に幕を閉じました

 

この動画は引退セレモニーの様子です

 

相手チームである中日ドラゴンズに在籍する松坂大輔選手

先に引退し、現在は後藤武敏が在籍する横浜ベイスターズの小川コーチが花束贈呈

 

ちなみに会場である横浜スタジアムは

甲子園予選、神奈川県大会決勝が行われる球場

 

そのマウンドに3人が集い涙する光景には、思わず胸が熱くなりました

 

補足ですが、ニコニコ動画では野球中継にも力をいれています

会員登録はこちらからどうぞ!

BC栃木 村田修一選手

同じく松坂世代で活躍した 村田修一選手

 

プロ野球球団からのオファーを待っていましたが

とうとう引退の決断をしたのです

志半ばでの引退となったでしょう

 

村田選手についてはこちらの記事で

詳しく紹介していますので、ぜひあわせてご覧ください

尚、人望の厚い村田修一選手は プロ野球で最後に在籍していた巨人の選手たちからとても慕われていて

巨人vs横浜DeNA戦での引退セレモニーが検討されています

本当に、心優しき野球選手だったんですね

東京読売巨人 杉内俊哉投手

巨人 杉内俊哉選手も引退です

こちらはけがに苦しんでの引退となりました

 

村田同様、巨人生え抜きではないにもかかわらず

後輩選手たちから大変慕われていた杉内投手

 

彼の実績は語るに及ばずですよね…

 

あの1998年夏 鹿児島実業のエースとして甲子園出場している杉内俊哉投手

その夏の甲子園で杉内はノーヒットノーランを達成しているのです

 

さらにプロ野球に進んでからもノーヒットノーラン達成

 

この偉業は同世代の選手たちの中でも一目置かれる存在で

同・松坂世代の一人である和田毅投手はスポーツ報知の手記でこう記しています

スギより1勝でも多く、ちょっとでもいい防御率を残そうと僕は意識していた。チェンジアップやスライダーを教え合っても、全てに自分の変化球より完成度が高く、マネできなかった。

この手記はとても胸に響くよい記事ですので

ぜひ気になる方は本誌もご覧ください

母校、鹿児島実業でもいまだに伝説となっている杉内選手

 

地元のヒーローの引退に

杉内選手の引退は地元九州でも大きく報道されました

松坂世代はなぜ注目されるのか

そもそも松坂世代はなぜ注目されるのか

まず松坂大輔その人がすごすぎるというのがまず前提です

 

松坂の人間性もとても明るいキャラクターで

プロ入り後一気にスターになりました

 

世代全体の憧れであり目標となる存在として

常に先頭を走り続けていました

 

その存在は当然同世代の闘志に火が付き

大学に進学した同世代たちは見事成長を遂げて

プロ入り時には壮絶な獲得争いが繰り広げられたのです…

 

手記を寄せた和田投手や、ホークスに進んだ新垣渚投手などです

 

トップランナーとそれに続くランナー

更にそれを追うものたち…

世代全体がいい意味で刺激し合い、お互いを高め合ったんですね!

松坂大輔と世代の絆とは

またまたスポーツ報知の手記からご覧ください

「松坂世代」とひとくくりにされるのを嫌がった選手もいるでしょう

 

けれど、常に第一線を走る続けた松坂と、同世代の選手たちには

他者からはわからない「絆」を感じてしまうのです

「世代の代表。マツには一番最後まで現役でやってもらいたい」(スポーツ報知)

後藤選手のこの発言にすべてが集約されているような気がします

 

まとめ:松坂大輔と最後まで夢を見よう

松坂世代も38歳

もうすぐ40歳ともなれば、当然引退もささやかれる時期でしょう

 

けれど松坂大輔その人は、泥臭く

メジャーから復帰して、ケガに悩まされ

引退危機を乗り越えていまだに現役投手として、マウンドに立っています

 

私が子供のころに見た憧れの松坂大輔が

いったいどういった最後を迎えるのか

 

遅かれ早かれやってくるその日まで

 

私たちのあこがれとして走ってほしい

そして最後まで戦い抜いてほしい

 

残酷かもしれないけれど、この願いを止めることができず、記事にしました

 

 

つまり…

 

まだまだがんばれよ、松坂大輔!!

 

 

本日もご覧いただきありがとうございました!!

ABOUT ME
やべ ぱちこ
夫婦二人で共働き、子供はまだいません! 以前は家電量販店で販売員をしていました。 スキルを生かして現在も営業職でがんばってます。 一応家電アドバイザー総合です! もしどなたかのお役にたてるならうれしいです(*^_^*) 趣味の野球についても書いていきたいと思います♪ がんばって記事書いていきますので応援よろしくお願いいたします!!