おすすめ記事はこちら
スポーツ

【速報】新井貴浩内野手 14年連続護摩行【広島】

プロ野球 新井貴浩選手は1月11日

和歌山県高野山で後輩の選手と一緒に護摩行に臨んだ。

 

新井選手の護摩行は14年連続となる

 

護摩行はあまり身近な存在ではないですよね

きっと祈りをささげる儀式なのだろうとはおもうのですが、いったいどんないわれや意味があるのでしょうか

 

ここでは【護摩行】について解説していきます

 

古くは紀元前1000年ごろにさかのぼる

調べてみたら思ったより由来がふるくて驚きました

 

古いインドの宗教が由来とされています

紀元前1000年ごろのバラモン教の宗教的な儀式とのこと。

 

炎は神聖なものとされ

イメージは炎を囲んでみなで祈りを一身にささげる・・・そんな感じだと思います

 

今現在日本に伝わる護摩行は仏教の修行として伝わっています

 

紀元前500年ごろに仏教が広がっていく過程でバラモン教の儀式が取り入れられたもので

仏教全般に見られるものではなく一部に取り入れられたものだといいます

 

日本で言えば天台宗・真言宗などだそうです

 

ちょうどこの宗教が起こった時代は神道と仏教はとても近いものだったため

今でも神道の一部でも護摩行が見られるそうです

 

祈りをささげ精神統一

護摩行と一口に言っても

 

願いをかなえたまえ・・・と祈る外護摩

自らの煩悩をはらう・・・内護摩

 

基本的にこと二つに大別されます

新井さんは毎年行っていますが・・・どちらかというと内護摩のように思います

 

新井選手の性格はとても生真面目で有名ですし

 

昔から精神面の課題があると言われていた新井さんですから

きっと自分のうちにある悩み事や心配事を炎にくべて一心に祈り

 

2月のキャンプインに備えて身も心も整えるという意味合いがあるのでしょう

 

最近は若い選手も連れて行っているそうです

 

新井さんに限らず、一流スポーツ選手のこういった恒例行事はゲン担ぎなどもあると思いますが

一年を通しての「ルーティーン」として決まり事を守ることにより

自分のコンディションを一定に保ったり、またその時のコンディションを知ったりするうえで大切なのだと思います

 

たとえば瞑想をするときにいつもより集中できない・・・練習の疲れが出ているのかもしれない、少し休もう

だとか。

何かしらの指標を自分の中に持つことにより、他者によらず自分の好不調をしり、対策を練ることができるのです

 

本当に生活のすべてが「アスリート」なのですね

まとめ

 

簡単ではありますが護摩行についてまとめました

私の住む地域にも護摩行を行っているお寺があり

毎年テレビコマーシャルをしていて気になってはいました

 

これを機に参加してみるのもよさそうですね

新しい自分を見つけられるかも・・・

 

ご覧いただきありがとうございました!

ABOUT ME
やべ ぱちこ
夫婦二人で共働き、子供はまだいません! 以前は家電量販店で販売員をしていました。 スキルを生かして現在も営業職でがんばってます。 一応家電アドバイザー総合です! もしどなたかのお役にたてるならうれしいです(*^_^*) 趣味の野球についても書いていきたいと思います♪ がんばって記事書いていきますので応援よろしくお願いいたします!!