おすすめ記事はこちら
家庭

福岡市から日帰りで行けるリゾート地!能古島でのんびり自然を満喫しませんか?

毎日都会で忙しく暮らしている社会人のみなさん!

家事に仕事に息つく暇なく働いている主婦のみなさん!!

 

おつかれさまです!!

 

 

たまにはきれいな景色やお花をのんびり眺めて骨休めしたい…

 

そんなあなたに♪

 

  1. 福岡市内から近くて
  2. 予算をかけずにのんびりできて
  3. グルメも景色も手ぶらで楽しめる

とっても身近なリゾート地、能古島の観光をご紹介します♪

 

 

福岡市内から30分で別世界!アクセス良好リゾート地

能古島は福岡市西区にあたり、市内からおよそ30分間隔で定期船が出ています!

渡船場までのアクセスも良好で

 

天神駅(天神北)から 直通バスで26分
博多駅から 直通バスで40分
西新駅から 直通バスで24分
姪浜駅から 直通バスで15分

それぞれ西鉄バスで渡船場目の前まで行けます!

詳しくは西鉄バス時刻表ご確認ください♪

 

 能古渡船場目の前のバス停

渡船場には駐車場も完備

今回私たちは能古渡船場の駐車場に車を停めてフェリーに乗りました。

帰りのバスを気にしなくて大丈夫なので、家族連れでも安心してフェリーを利用することができますね!

3階建て立体駐車場からの福岡タワー

 

渡船場のすぐ隣には立体駐車場
一日停めても500円だからリーズナブル!
切符を買って乗船します

往復運賃 大人460円(子供240円)

 

これなら気軽に行けますね♪

 

ちなみにこの船は福岡市営渡船なので

nimocaなどの交通系ICカードが使えるのもうれしいですよね!

 

人と車を乗せたフェリーが出航するとおよそ15分で能古島に到着します

早い!

 

大きな船じゃないですが、そのぶん海を満喫できて

フェリーに乗っただけでも結構満足しちゃうかもしれないです…(笑)

 

渡船がすれ違うのも新鮮
あれに見えるは能古島

能古島の玄関口にはグルメも充実

島に到着するととても整備された渡船場に迎えられます

渡船場の隣では小さい物産館兼観光案内所が併設されていて

島のイベント情報や地図をゲットできます!

観光ガイドをみながら一息

 

カフェ・名物能古うどん・長浜ラーメン・お弁当…

 

平日でも食事を楽しめる施設がたくさんあったので平日休みの私たちにはとっても嬉しかったです!

 

その中で私たちが選んだのは能古バーガー♪

 

チーズバーガーセットを選びました♪

お値段はコーヒーセットで600円ですが、とってもボリュームありますよ!

 

食べログにも紹介されているので気になる方はチェック( *´艸`)

のこバーガー/食べログ

 

味はお肉にスパイスが効いててパンチがありますので、男性の方でも満足できそうです。

 

もし時間があるならおいしいお魚も挑戦してみたい!

雑魚 (ざっこ) /食べログ

福岡に来て魚のおいしさにはびっくりしました…

ここも期待できそう♪

 

 

私たちは「能古島アイランドパーク」に行くことにしたので、バスの待ち時間に周辺を散策しました。

海岸からは福岡市内を一望できるので不思議な感覚!

いつもの景色を逆さで見るので異世界に来た感じがして…とってもリフレッシュできます

 

海の向こうのももち浜

波打ち際には貝殻がいっぱい♪

子供ができたら貝殻ひろいに連れてきてあげたいな…と妄想がふくらみました

正直時間がない時には

船でここまで来て一服して帰るだけでも相当リラックスできちゃうかも

 

さーてバスにのっていざアイランドパーク!

渡船場からアイランドパークまではバスで15分

平日でも約1時間おきにバスが出ているので

多くの人はバスでアイランドパークに行きます

 

時間になると【臨時】と書かれたバスが2台やってきてお客さんが次々乗車します

2台のバスはたちまち満杯になりました…すごい!

 

私が行ったのはコスモスの時期だったので、目当てのお客さんが大勢いたようです!

 

バスを待つのがつらい人はタクシーが待ち構えているのでそちらを利用してもいいと思いますよ(^^)

能古島アイランドパークは年中花が楽しめる名所

バスの終点がアイランドパークの入り口です

 

チケットを買って中に入ると…コスモスの香りで充満している!

(入場料は大人1200円)

 

のこのしまアイランドパーク 公式

公式サイトで花の開花状況を確認してから行くのもいいですが

 

私たちは感動をもったいぶりたいので

なるべく画像を見ないようにしていきました(笑)

撮影スポット豊富で映える!

色とりどりの花々をいろんな角度から楽しめます

思い思いの写真を存分に撮影することができるのはSNSを使いこなす若者に人気のようで

 

おしゃれした女の子たちもたくさん来ていました!

 

また、施設自体が広いわけではないのですが

花畑が各所に点在しているのでほかの撮影者の目を気にせず

 

自分たちの映えスポットでのんびりできるのがポイントです!

花カレンダーによればいつでも何かが咲いているみたい!

ふらっと行って何かの満開に出会えるのはうれしいですね!

花だけじゃない!景色も動物も楽しめるアイランド

花畑だけだと思っていたら、なめてました

 

のこのしまアイランドパークは福岡市の反対側にあるので

玄界灘を一望できるビュースポットでもあるのです!

 

糸島方面 かなりの絶景

景色を見てのーんびりするだけで、明日から頑張れそう

志賀島方面 博多港に向かう船も見える!

子供連れにはうれしいアスレチックや広場

アスレチックって久しぶりにやりました…

大人も楽しい!

 

本気でやったら汗だくになっちゃいそう!

家族が増えたら広場でお弁当を広げて一日楽しめちゃいそうですね!

でも一つだけ注意!!

確かにトンビがめっちゃ飛んでました

上空を旋回しているトンビさんたちにお弁当食べられないようにしなきゃですね(笑)

 

動物とも触れ合える施設がありました

うさぎ・やぎ・ポニーも飼育されていて

ものすごい至近距離で見ることができます

 

ポニーさん食事中
うさぎさん水分補給

これでもかってくらい癒されちゃう

 

グルメも園内で楽しめる

今回はおなか一杯だったので食べられませんでしたが

能古うどんが楽しめる施設がありました

 

予約をすれば園内でバーベキューや宿泊もできますよ!

お客さんをもてなすのにいいかもしれませんね♪

のこのしまアイランドパーク/宿泊予約はこちら

 

私たちがいただいたのは能古サイダーフロート

独特のフレーバーが癖になりそう!

持ち帰り用のご当地サイダーも瓶で販売しているので

マニアの方にも大注目ですね!

のこのしまアイランドパーク利用時の注意点

大きなパラソルの貸し出し

高齢者用の電動カート貸し出し

お子様用のカートも貸し出ししていて

 

とってもバリアフリーな設計になっているのこのしまアイランドパーク

 

至れり尽くせりですが、雨が降った時は割とどうしようもないと思います

室内で遊べるところといえば

 

陶芸体験や民芸品の商店などがありますが

 

小さいお子さんがいる場合は厳しいかも…

 

なるだけ晴天を狙っていきましょう!

 

お土産ゲットして帰りもラクチン

最後にのこのしまアイランドパーク出口兼バス停が

お土産屋さんになっています

屋根のある場所でバスを待てるのでうれしいですね

 

その売店で私たちが購入したお土産はこちら

レモンケーキの酸味がどこか懐かしいお味…

バターの風味も効いていてコーヒーと一緒にどうぞ♪

帰りはすっかり夕暮れ…とってもリフレッシュできました!

まとめ:大人も子供もリフレッシュできる楽園

今回は初めての能古島をレビューしました♪

 

今回紹介したアイランドパークに行く以外にも

例えば渡船場で自転車レンタルもあるので島内一周サイクリングもできますし

博物館もあって歴史に触れることもできます

 

海水浴場もあるので本当に息抜きするのに最適な場所だと感じました!

 

福岡県民もそうでない方も、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

 

ABOUT ME
やべ ぱちこ
夫婦二人で共働き、子供はまだいません! 以前は家電量販店で販売員をしていました。 スキルを生かして現在も営業職でがんばってます。 一応家電アドバイザー総合です! もしどなたかのお役にたてるならうれしいです(*^_^*) 趣味の野球についても書いていきたいと思います♪ がんばって記事書いていきますので応援よろしくお願いいたします!!